最近のアパートの作りについて

賃貸アパートは木造の集合住宅です。同じ条件にある賃貸マンションよりも賃料が安くなっています。

最近のアパートの作りについて

賃貸アパートを借りるメリット

賃貸には大きく分けてマンションとアパートがあります。賃貸マンションは鉄筋立てで2階以上の建物です。賃貸マンションは賃貸アパートよりも建物がしっかりしていて丈夫です。防火性が高く、オートロック付きだと防犯性も高くなります。賃貸アパートは木造なので、防火性や防犯性が低いというデメリットがあります。しかし、賃貸アパートにはアパートならではのメリットも備わっています。一番大きなメリットが賃料の安さです。同じロケーションに建っている同じ規模のマンションとアパートを比べると、アパートのほうが賃料が安くなるのが一般的です。

交通の便がいい駅チカにあるのに、相場よりも驚くほど安い物件があることもありますが、そうした賃貸は大抵は賃貸アパートだと思います。駅から近くても安いのですから、駅から遠い所にあるアパートだとさらに安くなります。2部屋以上あるダイニングキッチンつきの広いアパートでも、マンションだと考えられないような賃料で借りることができます。今はリノベーションが流行っているので、昔のようにいかにも「ボロアパート」といった感じの建物ではなく、見た目はほとんどマンションと変わらないアパートも多くなってきています。

Copyright (C)2017最近のアパートの作りについて.All rights reserved.